コーヒー好きであれば必ずこの二つの鉄則は理解しておこう。そうすることでコーヒーをより存分に味わって楽しむことができます。これは約束です。

鉄則1:コーヒーは豆の状態で購入する(豆は挽かない)

豆のままで保管する

どこのコーヒー屋でも同じですが豆のまま保管されています。ここはニュートラルコーヒーのカウンターにあるいくつかの種類のコーヒーです

他の食物と同様にコーヒー豆も有機物です。つまり時間が経てば少しずつ分解していきます。そうなると味や旨みや香りなどが抜けていきます。空気と触れることでこの過程がより速く進みます。では、豆を挽いた後をちょっと考えてください。偉いほどコーヒーの表面積が増えますね。何十倍、いや、もしかしたら何百倍という具合に表面積が増え、結果として空気と触れることになります。つまり分解速度がより一層速くなります。

一般的にコーヒーは焙煎してから一ヶ月ほど持つと言われています。焙煎士によっては三ヶ月まで持つと言う人もいます。ま、三ヶ月を期限と考えてみましょう。でもこれは豆で保存した状態についてです。

もし豆を挽いた状態で保管していたらどうでしょう。一週間も持たないかもしれません。豆の状態で購入するのと挽いた状態で購入するのはそれほど違いがあります。

焙煎された豆が持っているポテンシャル(発揮できる良さ)をできるだけ全て味わうことができると言うことが重要です。コーヒーを淹れる直前に豆を挽くから豆の良さが失われずにコーヒーとして含まれることになります。

だからできれば家庭用にコーヒーミルを購入してください。多少お金はかかりますが香りや旨みが抜けたコーヒーを飲むよりかはましです。

鉄則2:コーヒー豆は焙煎日が分かるものを購入する

焙煎日が分かるコーヒー豆

Forest Mark Espresso で購入した豆は焙煎日がしっかり記載されています。焙煎日を知るのが最も望ましいです。

焙煎日を知ることでまあまあの一杯ではなく素晴らしい最高の一杯を味わうことができます。最近はコーヒーにこだわる店や珈琲屋が多くなってきています。量より質が重要視されてお客様に透明性のあるコーヒーを提供することが当たりまえのようになってきています。

その中でとても重要になるのが焙煎日です。先程述べましたが焙煎されたコーヒー豆は時間と共に分解していきます。できれば焙煎から一ヶ月以内に消費することが望ましいです。

焙煎日からかなり時間が経つとコーヒーの香り、旨み、風味などが抜けてそこそこの味になってしまいます。もちろん、購入した私たちが長い間コーヒーを保管したままにしておくという場合は無理もないです。

でも場合によっては購入した時点で既に焙煎から数ヶ月経っていることがあります。

昔はよくあることでしたが(今もあります)大量に焙煎して大量に販売する。販売期間を長めに取ることで焙煎の回数を減らして経費を減らすという金利目的により購入したコーヒー豆が古いといった事例があります。だいたいこのようなコーヒーには焙煎日というものがなく賞味期限のようなものがある程度です。

大規模でコーヒーを販売するところはこのような形式になるかもしれませんが小さな焙煎屋や焙煎カフェであればしっかりと焙煎日が表示されています。表示されていない場合はオーナー・マスターに聞けば必ず教えてくれます。

この二つの鉄則を踏まえておくだけで毎日最高に美味しいコーヒーを飲むことができます。